焼く以外に美味しい食べ方あるんです!

Beef_stew
牛タン、というと焼肉屋さんで薄くスライスされたものを焼いて食べるということが一般的であると思われていますよね。それもそう、基本的に牛タンは焼いて食べるものであるという認識が広まっていますので、このイメージが世間でまかり通っているのは当然であると言えるでしょう。しかし、牛タンの魅力は実は焼いて食べることだけに収まりません。そう、実は牛タンは焼く以外に美味しい食べ方があるんです!今回はそんな焼く以外の牛タンの美味しい食べ方についての魅力を発信していければと思っています。

焼く以外の美味しい牛タンの食べ方としてまず挙げられるのが煮込み料理です。牛タンは薄くスライスしない場合ブロック肉として使うことができます。ブロック肉となると、煮込み料理をするのに最適な大きさに切り分けられますので、適度な大きさにしてから煮込むようにします。そうするとシチューやポトフ、カレーなど非常にバリエーションの多い煮込み料理のメイン具材として牛タンを調理することができるでしょう。

これが一つ目の焼く以外での美味しい牛タンの食べ方です。

甲府市/市内にある「うし」に関連するもの

tan_nama

そして二つ目。これは生食です。最近は牛肉の生食が危険であるとして禁止されるようになったため、現実的に食べられるかどうかはわからない方法ですが、新鮮な牛タンであれば生食をしても大丈夫な品質の場合があります。そのため、生食ができるような調理をされた牛タンをちょっと醤油につけて頂く。このような食べ方も焼く以外の美味しい牛タンの食べ方の一つでしょう。

肉の生食に注意~区民の皆様へ~ 荒川区公式ホームページ

牛タンというと焼くこと以外に食べ方のないあまりバリエーションの無い食材だと思われてしまうことも少なくありません。しかし、それは決して正しいことではなく間違いです。上記のように牛タンはちょっとした工夫によって幅広い食べ方ができる一品ですので、皆さんも焼く以外の方法で牛タンを食べるなどしてみて、新しい牛タンの魅力を発見してみてはいかがでしょうか?牛タンの善治郎のサイトはこちら