牛タンの正しい保存の仕方とは?

牛タンをスーパーで買う場合は、薄切りになっており1日で食べれるだけの量が販売されているはずです。そのため、牛タンを長期間保管しておくということはまず無いと思います。しかし、牛タンを部位丸ごと購入した場合や、そのような形態のものを誰かからもらった場合、1日や短期間で消費することができませんからどうにかして保存をしておかなければならないでしょう。ではその牛タンの正しい保存の仕方とは一体どのようなものなのでしょうか?

seiniku_tan

牛タンは精肉ですから、基本的な保存方法としては他の肉と同じで冷蔵保存をしておくべきでしょう。ですが、冷蔵保存では一週間を超えてしまうと品質の劣化が見られたり場合によっては腐敗したりしますのであまりお勧めできる方法ではありません。そのため、長期間の保存をするのであればできるだけ冷凍庫の方で冷凍保存をしておくべきでしょう。ただ、冷凍保存をするような場合は牛タンを丸ごと収納できることができない場合が多いですので、一回で使用できるような範囲で切り分けておくと便利です。
(参考:牛タンのおいしい焼き方、食べ方、見分け方!

それに冷凍保存以外の正しい牛タンの保存方法としては加工食品にしてみるというのも一つの手段です。例えば牛タンを薄くスライスしてから燻製にしてみたり、サラミの状態にしてみたりするなどの方法で長期保存ができるようになるでしょう。そしてこれら加工した牛タンをさらに真空パックなどに入れると完璧に正しい保存方法となります。

牛タンは普通の肉とは違ってちょっと特殊な部分がありますので、その保存方法についてもやや悩んでしまうことがあるでしょう。しかし、基本的にはその他の肉と同じ保存方法で大丈夫です。それに加工をするなどの特殊な保存方法を用いることによってさらに保存のバリエーションを増やすことができますので、そのような亜種的な保存方法も一つの正しい方法だと認識して行っていただければ、とても楽しく牛タンの保存ができると思います。